注目キーワード
  1. 日常
  2. 恋愛
  3. 観光

中国語の発音の練習方法とは?効率の良いやり方を行おう

こんにちは、まつきーです!
今回は、日本人が中国語を勉強する際に必ずと言っていいほど苦戦する中国語の発音について解説したいと思います!

コロナの影響で以前よりは少なくなりましたが、それでも日本国内で多くの中国人と接触する機会があります!

そんな時に自分の伝えたいことをしっかりと伝えられうようにするために中国語の発音を練習しておきましょう。

トップ画像出典:https://pixabay.com/photos/board-chalk-head-talk-to-speak-3700375/#content

中国語の発音が難しい理由

そもそもなぜ多くの日本人が中国語の発音に苦戦するのでしょうか?
1番の理由は、日本語にない発音が多くあるからです。

だからこそ、どんな発音が日本語にないのか、先に理解しておくことで比較的早く中国語を上達させることが出来ます。

実際自分も中国語の勉強をする際に発音は特に意識して勉強しましたが、未だに何言ってるのかわからんと言われることがあります(笑)

次の項目から3つ中国語の中でも難しい発音をご紹介します。

反り舌による発音

まず反り舌による発音です。

中国語における反り舌の発音方法は、舌の先を歯茎や歯の裏にくっ付けて息を出しながら発音をすることです。

さらに、反り舌の発音にはzhi,chi,shi ,riなどの発音でそれぞれ発音に違いがあり、息を出す強弱によって発音が変わります。

そのため、反り舌ができていても、息の出し方を間違えると発音が変わってしまい、異なった意味の発音になってしまいます。

自分も反り舌の発音にはかなり苦労しました、、、

eやyuなどの母音発音

次にeやyuなどの母音発音です。

中国語にも日本語の「あいうえお」のように母音となる発音があります。

中国語の母音はa,o,i,u,e yuとなります。

この発音の中でもとりわけ難しいのが日本語にないeとyuです。

eの発音は日本語のウとエの間くらいの発音を言われていますが、声に出しても正しく発音できないことが多いです。

yuは日本語のウの口の形を取りながらイと発音する母音です。この2つの発音は母音なので、しっかりと発音できなければ他の単語を正確に発音することが難しくなります。正しく発音できるように練習することが大事です。

nとngによる音の違い

最後にnとngによる音の違いです。

中国語の発音で難しいと言われる発音にnとngがあります。

これらは喉の締め方によって発音が変わり「ん」という単語で種類があると認識してもらえればいいです。

nは喉を閉めて発音する方法であり、例えば日本語であれば「案内」と発音したとき、中国語のnの発音になっています。ngは喉が開いた状態となっており、日本語なら「案外」と発音したときに似ています。

「案内」も「案外」も日本人にとっては同じ発音に聞こえてしまいますが、中国語ではこの発音による違いは大きく、喉の開き方により、単語の意味が全く変わってしまうことになります。

音を聞き分ける力も大事になるため、この発音もマスターできるように練習しましょう。

中国語の発音練習のやり方とは?

中国語の発音を習得することは難しいことですが、発音練習をしっかり行うことで習得は可能です。中国語の発音練習を行うためにはどのように行えばいいのか、その方法について紹介しましょう。

1つ1つの発音をマスターするように心がける

中国語の発音を練習するときは1つ1つの発音が正確に行えるようにマスターしましょう。何か1つでも発音が違っていれば、中国語で会話をすることは困難となります。また、中国語の発音練習をしているときに変なクセが付いてしまうと、発音が綺麗にならないので、中国人の方にとっては聞き取りにくく、直そうと思ってもなかなか直すことができません。

そのため、1つ1つの発音をマスターするため、オンラインレッスンなどで練習する時にはネイティブの中国人に聞いてもらうことが大事です。独学であれば正確な発音ができているのか分からないため、中国人の方に聞いてもらい、発音に違いがあるなら、正しい発音の仕方を教えてもらうことが大事です。

中国語は発音が多いですが、どの発音も単語で繋げる際に大事な役割があるので、正しく発音できるように心がけましょう。

大きなと口の動きに注目する

中国語の発音の際は大きな口と動きに注目することができます。中国人はお腹から声を出しているので、抑揚もうまく行うことができます。さらに、中国語は口を大きく開けて発音するものが多いので、日本語のように口の動きが小さいと、発音がうまくできずに中国人の方は聞き取れないこともあります。

そのため、中国語を発音するときは大きな口を開けてしっかり音を出すことを心がけてください。口を大きく開いているなら、多少発音がずれたとしても中国人は聞き取ることができます。さらに、口の形も発音するときには大事なポイントになるため、声出しのみに注意しないようにしてください。

動画はオンラインレッスンで発音の練習をしよう

中国語の発音練習をするときは動画やオンラインレッスンを利用するのがおすすめです。書籍では発音のやり方は分かっても実際の発音が正しいのかどうか識別するのは難しいです。

しかし、オンラインレッスンや動作レッスンであれば相手に自分の発音を聞いてもらうことができるので、正確な発音の習得が行いやすくなります。中国語の発音を正しく行うために、ぜひ練習方法も効率的なものを選ぶようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!